営業レポート

東京都武蔵野市から渋谷区へ剥製輸送をしました|非常にデリケートな剥製で梱包に重点を置き作業

2016年05月09日

 

 

 

 

 

 

 

 

ゴールデンウィークも終わって、皆様 仕事モードには入っていますでしょうか。

連休を楽しでいた方は、今週 かなりキツいかと思いますが頑張っていきましょう。

ちなみに私は、54日(水)に神奈川県藤沢市のとあるお客様の敷地内移動のお仕事をしたのであります。

 

 

さて今回の写真ですが、いつも当社で扱っている精密機器とは違うのであります。

そう・・・剥製なのであります。左の写真は、白熊(立ち姿)を梱包している写真になります。

右側の白熊(横姿)の頭の上にリスの剥製が乗っているのを気付いたでしょうか。実に表情が可愛らしいです・・・。

横姿の白熊は今回 展示場の都合上、輸送しませんでした。

422日(金)夕方から東京都武蔵野市にある「アトリエ杉本」様より白熊の剥製を含む26点を梱包して搬出しました。

こちらのアトリエ杉本様は、店内に所狭しと剥製が鎮座されていて、大きい動物から小鳥まで幅広い

剥製そして種類があり驚きの連続でした。特に白熊は立ち姿で2.6M程もあり、汚れが目立つ白い毛、

慎重に梱包して尚且つ非常にデリケートの顔や手の部分は、気を使って梱包をしました。

 

右の写真は、場所が変わり渋谷区猿楽町にある「代官山 蔦屋書店」様の写真になります。

423(土)深夜2:00から納品したのであります。代官山 蔦屋書店様の営業時間が朝の7:00から深夜2:00までなので、

お客様が居ない時間になりました。ちょうど白熊を開梱している所ですが、その大きさが判るかと思います。

こちらは、代官山 蔦屋書店様で長期に展示されていますので、興味を持たれた方は是非 ご覧になって下さい。

そしてなんと!! この剥製達は、販売もしているんですよ・・・。

 

次回 当社の機関紙 ラミーズインフォで今回の輸送を特集したいと考えています。

 

精密機器輸送でお困りな事がありましたら  是非 気兼ねなく問い合わせフォームよりお問合せ下さい。

             http://www.mimura-unsou.co.jp/contact/index.html